あまみ長雲

地酒の検索通販サイト『ジザケコム』

日本酒や焼酎などの地酒は、大自然の恵みである米や芋・麦などの農産物と水から蔵人の技術よって毎年造られる、いわば「伝統工芸品」です。その品質の向上から、近年では国内に留まらず海外での人気も高まっています。日本全国各地の地酒とその蔵元の魅力を伝えることで応援したい。


ジザケコムTOP > 焼酎 > 黒糖焼酎 > あまみ長雲
鹿児島県の地酒。あまみ長雲

蔵元は鹿児島県の有限会社山田酒造。昭和32年(1957年)創業。同蔵は、長雲山系の麓、水と緑のあふれる地・大勝に位置する。仕込み水と割り水には、長雲山系の地下水を使用。『あまみ長雲』は、地の黒糖焼酎として地元の龍郷町で愛飲されてきた。3代目・山田隆博氏による、さらに黒糖味を引き立てた「長雲 一番橋」も人気。


あまみ長雲 の検索結果

【超限定】長期熟成貯蔵 あまみ長雲 古酒(2006年謹製) 1.8L

有限会社山田酒造(鹿児島県大島郡龍郷町) 【アルコール分】30 【原料】黒糖

幸せの酒 銘酒市川 Yahoo店

あまみ長雲 40度720ml

あまみ長雲 40度720ml

2,500 円

レビューの件数:87

★蔵元限定1000本の貴重な黒糖焼酎★

有限会社山田酒造(鹿児島県大島郡龍郷町) 【アルコール分】40% 【原料】黒糖

幸せの酒 銘酒市川 Yahoo店

あまみ長雲 30度 1.8L

あまみ長雲 30度 1.8L

2,829 円

レビューの件数:87

有限会社山田酒造(鹿児島県大島郡龍郷町) 【アルコール分】30 【原料】黒糖

幸せの酒 銘酒市川 Yahoo店

あまみ長雲 25度 1.8L

あまみ長雲 25度 1.8L

2,510 円

レビューの件数:87

有限会社山田酒造(鹿児島県大島郡龍郷町) 【アルコール分】25 【原料】黒糖

幸せの酒 銘酒市川 Yahoo店

奄美黒糖焼酎 上原黒糖焼酎 1升瓶スペシャル1800ml 瓶*6本 (あまみ長雲 まんこい 他)

れんと (音響熟成) 25度,緋寒桜 30度,あまみ長雲 30度,龍宮 30度,せえごれ 25度,まんこい (満恋) 30度の5合瓶6銘柄

黒糖焼酎酒店上原本店

あまみ長雲 黒糖焼酎 30度 900ml

あまみ長雲 黒糖焼酎 30度 900ml

1,620 円

レビューの件数:3

あまみ長雲 黒糖焼酎 30度 900ml/山田酒造/黒糖焼酎/税抜3000円以上送料無料

これはお酒です。20歳未満のお客様は購入いただけません。※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。商品説明「あまみ長雲 黒糖焼酎 30度 900ml」は、数ある中でも黒糖の香り豊かな酒質の黒糖焼酎です。1次仕込みは「かめ仕込み」白麹で醸し単式蒸留器で蒸留。深いコク・豊かな香りの上質な品で、ロック・水割り・お湯割りにもよく合います。アルコール分30度。ご注意●飲酒は20歳を過ぎてから。●妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。原材料名・栄養成分等●原材料名:黒糖、米麹原産国日本お問い合わせ先有限会社 山田酒造鹿児島県大島郡龍郷町大勝1373番地ハ号TEL:0997-62-2109ブランド:山田酒造楽天24>フード>お酒>焼酎>黒糖焼酎>あまみ長雲 黒糖焼酎 30度 900ml製造販売元:山田酒造原産国 日本内容量:900mlJANコード: 4580402020029広告文責:Rakuten Direct株式会社TEL:050-5577-5043[山田酒造]お酒/焼酎/黒糖焼酎

楽天24


もっと探す

おすすめの黒糖焼酎

朝日

朝日
黒糖焼酎

里の曙

里の曙
黒糖焼酎

れんと

れんと
黒糖焼酎

あまみ長雲

あまみ長雲
黒糖焼酎

太古の黒うさぎ

太古の黒うさぎ
黒糖焼酎


*

加那

加那
黒糖焼酎

昇龍

昇龍
黒糖焼酎

島有泉

島有泉
黒糖焼酎


日本酒の種類

日本酒は、酒税法上で定められた8種類の「特定名称酒」と「普通酒」の9種類に分類されます。特定名称酒はそれぞれ「純米大吟醸酒」「純米吟醸酒」「特別純米酒」「純米酒」「大吟醸酒」「吟醸酒」「特別本醸造酒」「本醸造酒」となっています。

 

特定名称酒の純米酒系は原料に「米」と「米こうじ」のみを使用し、本醸造酒系は「米」と「米こうじ」に「醸造アルコール」が使用されています。普通酒は原料に「米」と「米こうじ」「醸造アルコール」以外にも「その他副原料」などが使用されています。

 

精米歩合とは原料である酒米を磨いて残った割合を表したもので、一般的に精米歩合が低い酒ほど製造コストが掛かるため値段が高くなります。精米歩合の低い酒ほど雑味が少なく、香りが高くなる特徴があります。

焼酎の種類

焼酎には酒税法上、製造される蒸留器の違いにより「連続式蒸留焼酎」と「単式蒸留焼酎」の2種類があります。2006年までは前者を「甲類」、後者を「乙類」と分けていました。現在でも、それぞれ「焼酎甲類」「焼酎旧乙類」や「旧甲類」「旧乙類」などと呼ぶ場合もある。当然ながら、あくまで蒸留器の違いであって品質の優劣ではありません。

 

それぞれの特徴は以下のとおりです。

 

連続式蒸留焼酎:

連続式蒸留器で蒸留させ、アルコール度数36%未満にしたもの。原料は糖蜜、とうもろこしなど。化学的にも完全な蒸留なので、基本的に無味無臭で原料由来の風味も薄くなる。酎ハイやサワーのベース酒、梅酒の仕込みなどに使用されるホワイトリカーなどがこれにあたる。例:JINRO、トライアングル、純など

 

単式蒸留焼酎:

単式蒸留器で蒸留させ、アルコール度数45%以下にしたもの。原料は芋、米、麦、黒糖、そばなど。化学的にも(良い意味で)不完全な蒸留のため、もろみの原料の風味や味わいが色濃く残る。原料により、芋焼酎や米焼酎、麦焼酎などさまざまな焼酎となる。

 

ちなみに、「本格焼酎」とは単式蒸留焼酎の中で「砂糖を不添加」「国税庁長官が定める原料のみを使用」「水以外の添加物を加えていない」といった3つの製造条件をクリアした焼酎のことをいい、基本的にはラベルに表記されている場合がほとんど。

日本酒など地酒の選び方のコツ

近年では飲み方や考え方も多様化していますが、本来地酒である日本酒とは食事と一緒に楽しむ「食中酒」です。その理由は、日本古来の主食である『米』を原料としていることからも明らかです。そのため、日本酒選びのポイントは「酒単体の個性」も大事ですが、「食事とのマリアージュ(相性)」も大事な要素となります。

 

例えば、食中酒として「香りがとても強く、いつまでも余韻が残る酒」と、「香りが控え目で、すっと余韻が消える酒」とであればどちらの酒を選びますか?おそらく、ほとんどの方が後者の日本酒の方を選ぶでしょう。このように、本来日本酒とは言い方を換えれば「料理の邪魔をしないもの」でもあるべきなのです。

 

そういったことを踏まえたうえで、ここからは日本酒など地酒の選び方のコツについてご紹介したいと思います。

 

通常、多くの日本酒では銘柄ごとに「純米大吟醸酒」や「純米酒」「本醸造酒」などの酒の種類が存在します。そうした際に、基準となるのが「純米酒」です。その銘柄の「純米酒」をまず基準に味わってみて、もう少し香りが欲しいなと思ったら「純米大吟醸酒」「純米吟醸酒」あたりを、さらにすっきりとした味わいを求めるのであれば「大吟醸酒」「本醸造酒」などを試すのがおすすめです。そうやって色々試してみることで好みの地酒が見つかるかもしれません。

 

また、日本酒は「冷やしたり」「温めたり」「常温」で飲んだりと、温度によってもその味わいが変化する世界でも珍しいお酒でもあります。「純米大吟醸酒」「純米吟醸酒」「大吟醸酒」などは「冷やして」または「常温」で、「純米酒」「本醸造酒」「普通酒」などは「冷やして」または「常温」「温めて」などいろいろな温度帯に対応するのが特徴です。例外はありますが、基本的に酒に『吟醸』と付くものは「温めると香りが立ち過ぎる」ことから温めて飲むのには不向きとされています。

 

ここからは少し余談になりますが、日本酒には他にも「原酒」や「熟成古酒」といったものもあります。

 

原酒とは、通常日本酒が出来た時にアルコール度数や味わいの調整の為に行う「加水調整」を行っていない酒のことで、アルコール度数が普通の日本酒よりも高い場合が多く、無調整のその酒本来の「強い味わい」が魅力です。また、熟成古酒とは、出来上がった酒を3年以上寝かせた(瓶貯蔵した)酒のことで、熟成によって発生する「熟成香」や「トロみ」などが魅力です。そういった個性から、これらのお酒は食事と一緒に飲む「食中酒」というよりは、どちらかと言えば「お酒がメイン」で肴と一緒に飲むといったタイプのものかもしれません。

焼酎を美味しく飲むコツ

知っているようで意外と知らないと言われるのが「焼酎の飲み方」です。シンプルな様で、実は奥の深い焼酎を美味しく飲むためのテクニックをご紹介したいと思います。

 

ストレート:

焼酎本来の味・香りを愉しむことができるストレートは常温で飲むのがおすすめです。香りを愉しむのであれば、酒器は小さめのストレートグラス、色味をみるのならば白磁の猪口などが良いでしょう。その際、酒器に注ぐ前に焼酎の瓶をかるく振って中身を均一にしてから注ぐことが大事なポイントとなります。

 

ロック:

焼酎に氷を入れて飲むだけのロックにもおいしく飲むためのコツがあります。まず、氷のみをグラスに入れてマドラーなどでしばらくステア(かきまぜる)します。そうしてグラスの表面温度を冷やしていき、最終的に溶けた水は捨てます。その際、水の純度が高く無味無臭で溶けにくいミネラルウオーターや、煮沸して冷ました水を凍らせた氷を使用することが大事なポイントです。最後に、常温の焼酎をゆっくりと氷に当てながら注ぐことで、おいしいロックを入れることができます。

 

水割り:

焼酎の水割りを作るには、まず焼酎を先に器に入れてから水で割っていきます。その理由は、水の方が焼酎よりも比重が高いため下に沈み、焼酎が上にあがり自然に対流するのでステアする必要がないからです。また、水については軟水のミネラルウオーターを使用した方がよりまろやかになります。氷を入れるとだんだんと水割りが薄くなってしまうので、あらかじめ焼酎も水も冷やした状態で作る方が手間も省けます。好みにもよりますが、焼酎と水の割合は焼酎6:水4が良いでしょう。

 

お湯割り:

焼酎のお湯割りを作るには、まずお湯を先に器に入れてから焼酎を入れていきます。「お湯」と「水」の違いはありますが、水割りの場合と順番が逆なのがポイントです。お湯は沸騰したものではなく、70度くらいのお湯を注ぐことで焼酎で割ったときに40度前後となり、香りや旨味が一番引き立つ温度となります。焼酎をお湯にゆっくりと注ぐことで、温度差と比重により自然対流するのでステアする必要もありません。好みにもよりますが、焼酎とお湯の割合は焼酎6:お湯4が良いでしょう。

 

以上が4種類の焼酎を美味しく飲むコツです。ちょっとしたテクニックを使うことで焼酎の美味しさは変化するので、ぜひみなさんも試してみてください。


お酒は20歳になってから、おいしく適量適飲を心がけましょう。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。飲酒運転は絶対にやめましょう。

管理・運営 : このサイトについてお問い合わせジザケコムBlog
Copyright (c) ジザケコム All Rights reserved.