新酒

地酒の検索通販サイト『ジザケコム』

日本酒や焼酎などの地酒は、大自然の恵みである米や芋・麦などの農産物と水から蔵人の技術よって毎年造られる、いわば「伝統工芸品」です。その品質の向上から、近年では国内に留まらず海外での人気も高まっています。日本全国各地の地酒とその蔵元の魅力を伝えることで応援したい。


ジザケコムTOP > 日本酒 > 新酒

新酒 の検索結果

朝日鷹 特撰本醸造 新酒 1800ml

朝日鷹 特撰本醸造 新酒 1800ml

4,800 円

レビューの件数:951

十四代の蔵元!スッキリとした辛さとキレが良い酒。

朝日鷹は山形県を代表する日本酒「十四代」「黒縄」「双虹」を造る高木酒造で、地元限定で販売されている芳醇旨口の日本酒。飲み口はまろやかで芳醇。スッキリとした辛さとキレが良い晩酌酒。

酒のサザン

日本酒 獺祭 だっさい 純米大吟醸 寒造早槽 かんづくりはやぶね 720ml クール便推奨  箱無し商品

■新酒■10月から3月までの冬季限定商品です♪

※ご注意ください※ ・商品の特性上(生酒)、冷蔵保管をお願いいたします。 ・冷蔵保管でも時間の経過とともに≪本来のお楽しみいただきたい品質≫から離れてしまう場合がございます。 そのためお早目の消費を推奨しております。贈り物の場合はその旨を送り先様へお伝えください。 ■スペック:日本酒/純米大吟醸 ■醸造元:旭酒造株式会社 山口県岩国市周東町獺越 ■原料米:山田錦(精米歩合48%) ■おすすめの飲み方:冷酒 ■日本酒度:非公開 酸度:非公開 ■アルコール分:16度

こみやまさけてん

母の日 ギフト プレゼント お酒 日本酒 あらばしり 飲み比べセット 720ml 2本 飲み比べ 越路吹雪 純米吟醸原酒 純米酒 辛口 新潟 誕生日 高野酒造

春季限定 新酒 あらばしり 日本酒 飲み比べ 酒 新潟 送料無料

できたてフレッシュな純米吟醸を原酒のまま瓶詰めした華やかな香りが特長的な春季限定あらばしりと米の旨みが存分に生きた、まろやかでキレの良い味わいが特長的な辛口純米酒の2本セット。 商品名:越路吹雪 新酒あらばしり 純米吟醸原酒 内容量:720ml(4合) 特定名称:純米吟醸原酒 アルコール分:18度以上19度未満 原材料:米(国産)、米こうじ(国産米) 精米歩合:60% 日本酒度:+5 酸度:1.2 アミノ酸度:1.2 商品名:越路吹雪 純米酒 内容量:720ml(4合) 特定名称:純米酒 アルコール分:15度以上16度未満 原材料:米(国産)、米こうじ(国産米) 精米歩合:60% 日本酒度:+5 酸度:1.3 アミノ酸度:1.3 [下記の用途で人気です] バレンタインデー、ホワイトデー、お花見、御返し・お返し、お祝い・御祝い、誕生祝い、結婚祝い、出産祝い、内祝・内祝い、結婚内祝い、出産内祝い、退院祝、就職祝、退職祝、進学祝、進学内祝い、お礼・御礼、お祝い・御祝、寸志、香典返し、快気祝い、新築祝い、開店祝い、長寿祝、還暦祝、古希祝、喜寿祝、傘寿祝、米寿祝、卒寿祝、白寿祝、百賀祝 など 販売期間:2019年2月4日〜3月31日 送料無料(※沖縄・離島など一部地域を除く)

越後酒蔵 高野酒造 Yahoo!店

日本酒 無想 厳雪(げんせつ) 純米吟醸中汲み生原酒 720ml クール便

1月発売!新酒の第1弾!

■スペック:日本酒/純米吟醸/生原酒 ■醸造元:大洋酒造株式会社  新潟県村上市飯野 ■原料米:岩船産越淡麗(精米歩合55%) ■おすすめの飲み方:冷酒 ■日本酒度:非公開 酸度:非公開 ■アルコール分:15度

こみやまさけてん

亀泉 かめいずみ 純米吟醸生原酒 CELセル-24 八反錦 30BY 1800ml 亀泉酒造 高知県

新酒しぼりたて

原材料・・・米(国産)・米麹(国産米) 原料米・・・八反錦・松山三井 精米歩合・・50% 日本酒度・・・-12 酸度・・・1.7 容量・・・1800ml 度数・・・14度 ※ロットによってスペックが少しずつ変わります。  今のスペックが気になる方はお気軽にお問い合わせください。

こだわりの酒屋遊銘館

鳳凰美田 初しぼり純米吟醸無濾過本生1800ml

30BY新酒!!

季節限定品の為、品切れの際はご容赦下さい。 鳳凰美田の新酒第1弾!今年収穫されたばかりの新米、富山県なんと産五百万石を使用した原料米も酒質もフレッシュ感たっぷりです。鳳凰美田らしさは今年の造りでも健在。香り豊かに口中に果実味が広がって日本酒を飲み馴れていない方にも美味しいと感じて頂けるかと思います。無濾過本生ならではの芳醇な旨味をお楽しみください。 新酒を直詰めしたため、オリ・粕等がからんでおりますが、品質上何も問題ございません。 原材料 原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度 使用酵母 アルコール分 米(国産)・ 米こうじ(国産米) 富山県なんと産五百万石 100% 55% ±0 1.8 0.9 - 16%

増田屋本店


【30BY新酒!】六根 サファイヤ 純米吟醸酒 無濾過 本生 1.8L

少量限定入荷! “山田錦”と “花吹雪” を掛け合わせて開発された 青森県の酒造好適米 “華想い” を100%使用し、 酵母 ・ 麹 ともに全て青森にこだわって 醸された純米吟醸酒の生酒です。 上立ち香は控えめですが、口に入れた瞬間に 華やかな吟醸香が爽やかに広がります。 搾りたての段階で既に米の旨味が しっかりと表現されています。 スッキリながらも口中での余韻は結構長く、 サラリと喉の奥のすぅ〜と落ちる綺麗な美酒です。 透明感のあるクオリティー抜群の辛口食中酒です。 冷酒でキリッとお楽しみください!! ◆ 原材料 : 米 ・ 米麹 ◆ 原料米 : 華想い ◆ 酵母 : 青森県酵母 ◆ 精米歩合 : 55% ◆ 日本酒度 : 非記載 ◆ 酸度 : 非記載 ◆ アルコール度 : 16度 ◆ 備考 : 要冷蔵 [青森]

酒天美禄 いとう酒店


清酒 酔鯨酒造 純米吟醸酒 高育54号 新酒生酒 720ml

スッと入る優しい口当たり、口中に広がる酸味と旨味、キレの良い後口と心地良い余韻は、酔鯨らしい個性と存在感で飲み飽きしません。

商品説明名称日本酒(純米吟醸酒) 内容量720ml保存方法 【要冷蔵】必ず冷蔵庫に保管して下さい。■お薦めの飲み方/じっくり冷やしてお楽しみ下さい。原材料 ■原料米/吟の夢 精米歩合/50% アルコール度/16度以上17度未満 日本酒度/+6 酸度/1.65  アミノ酸度/1.20        使用酵母/KA−1(熊本酵母) ※酒質分析数値は酒造年度や出荷時期により若干の変動がある場合もございますので、予めご了承ください。製造者 酔鯨酒造(高知県高知市長浜) 特徴など この商品は高知県農業技術センターが、土佐の気候・風土に適合した吟醸酒用酒米として開発した「吟の夢」の開発当時のコードネームである『高育54号』を、そのまま酒名にした純米吟醸酒です。 酒米の王者である山田錦に勝るとも劣らない酒造適性を持つ「吟の夢」を50%まで精米、清流“鏡川”源流域の湧水と伝統的な熊本酵母を使い、じっくりと低温で醸し出しています。 スッと入る優しい口当たり、口中に広がる酸味と旨味、キレの良い後口と心地良い余韻は、酔鯨らしい個性と存在感で飲み飽きしません。 食中酒としてお薦めの仕上がりです。

高知の地酒専門店 西寅


全国新酒鑑評会金賞受賞蔵 お酒 日本酒 福島 吟醸酒 奥の松酒造 全米大吟醸 720ml

全国新酒鑑評会金賞受賞 H29年

気品あふれる全米仕込みの新しい大吟醸です。 純米吟醸を蒸留し醸造アルコールに使用しています。 ●日本酒度/+4.5 ●アルコール度/15 ●酸度/1.2 ●おいしいお召し上がり方/冷や◎常温◎ぬる燗○奥の松が正面から向き合う、妥協のない酒づくり。 越後杜氏の伝統の技と心を受け継ぎ、地元の蔵人が越後流の酒づくりによる二本松の酒を醸す。 二百九十余年という長い歴史の中で培われた揺るぎない自信と、つねに進化を指向する柔軟な姿勢。奥の松の長い歴史は、厳しさと愛情に満ちた名酒のふるさとです。 米を酒の命として、やさしく丁寧に接します。 奥の松では、八千代蔵に自社精米所を併設し、酒の命である米を100%自社で責任をもって精米しています。玄米から白米までの全工程を管理できるように設備を充実させ、精米技術を駆使して原形精米による高精白米を実現しました。   最新設備と蔵人が作り出す最上級の蒸米。 洗米、浸漬という工程によって米に適度な水分を含ませた浸漬米を、やさしく丁寧に連続蒸米機へ均等に熟練者の技で供給し、「ぬけがけ方」と呼ばれる工程を繰り返します。   酒質を大きく左右する麹づくりへのこだわり。 奥の松ではつくる酒の酒類や量、作業などに合わせて最良の製法で麹づくりを行っております。昔ながらの蓋麹法か箱麹法あるいは最新の製麹機による製法を使い分けています。   奥の松の仕込み水は、安達太良山の清冽な伏流水。 冬に降り積もった雪が、春の雪解け水となって地層深く染み込み、四十余年の歳月を経て厚い花崗岩の岩盤から清冽な水脈となって湧き出てくるのです。   緻密なデータと杜氏の勘がはじき出す絶妙の搾り時。 圧縮空気で搾るヤブタ式とマキノ式と呼ばれる連続式醪圧搾機。そこで搾られた新酒はステンレス製のタンクに注がれ、そこを起点にさまざまな目的の商品化に向けて旅立ちます。   最良の時に、最良の清酒として酒蔵を出発するために。 大切な熟成の時間も酒の酒類によって異なりますから、奥の松では、それぞれの酒が最良の状態になったときに商品として出荷されるように、タイミングよく最後の成分検査や官能検査を行っています。   豊かな味わいと香りをそのままお届けするためのこだわり。 火入れの工程で最も重要となる温度管理。奥の松では、パストライザーの導入により、伝統の技で醸された原酒の持つ力強さや豊かな香りと味わいを、そのままお客様にお届けできるように致しました。

ワイン紀行


≪12月17日頃入荷≫千代酒造 櫛羅 純米 無濾過生酒 にごりざけ 2018年12月搾り新酒 1.8L

お中元 お歳暮 敬老の日 還暦祝い 古希祝い 退職祝い 記念品 父の日 母の日 奈良みやげ きとら

 櫛羅 純米 無濾過生原酒 にごりざけ 初の試みの『純米無濾過生原酒おりがらみ』 奈良県内の酒販店限定でえほ発売 【うすにごり】と【もろみ】の中間量で造りました! 原材料:自作田山田錦 精米歩合:60% アルコール分:17% 日本酒度:+5 酸度:2.0 アミノ酸度:0.9

西の京地酒処きとら



もっと探す

日本酒の種類

日本酒は、酒税法上で定められた8種類の「特定名称酒」と「普通酒」の9種類に分類されます。特定名称酒はそれぞれ「純米大吟醸酒」「純米吟醸酒」「特別純米酒」「純米酒」「大吟醸酒」「吟醸酒」「特別本醸造酒」「本醸造酒」となっています。

 

特定名称酒の純米酒系は原料に「米」と「米こうじ」のみを使用し、本醸造酒系は「米」と「米こうじ」に「醸造アルコール」が使用されています。普通酒は原料に「米」と「米こうじ」「醸造アルコール」以外にも「その他副原料」などが使用されています。

 

精米歩合とは原料である酒米を磨いて残った割合を表したもので、一般的に精米歩合が低い酒ほど製造コストが掛かるため値段が高くなります。精米歩合の低い酒ほど雑味が少なく、香りが高くなる特徴があります。

焼酎の種類

焼酎には酒税法上、製造される蒸留器の違いにより「連続式蒸留焼酎」と「単式蒸留焼酎」の2種類があります。2006年までは前者を「甲類」、後者を「乙類」と分けていました。現在でも、それぞれ「焼酎甲類」「焼酎旧乙類」や「旧甲類」「旧乙類」などと呼ぶ場合もある。当然ながら、あくまで蒸留器の違いであって品質の優劣ではありません。

 

それぞれの特徴は以下のとおりです。

 

連続式蒸留焼酎:

連続式蒸留器で蒸留させ、アルコール度数36%未満にしたもの。原料は糖蜜、とうもろこしなど。化学的にも完全な蒸留なので、基本的に無味無臭で原料由来の風味も薄くなる。酎ハイやサワーのベース酒、梅酒の仕込みなどに使用されるホワイトリカーなどがこれにあたる。例:JINRO、トライアングル、純など

 

単式蒸留焼酎:

単式蒸留器で蒸留させ、アルコール度数45%以下にしたもの。原料は芋、米、麦、黒糖、そばなど。化学的にも(良い意味で)不完全な蒸留のため、もろみの原料の風味や味わいが色濃く残る。原料により、芋焼酎や米焼酎、麦焼酎などさまざまな焼酎となる。

 

ちなみに、「本格焼酎」とは単式蒸留焼酎の中で「砂糖を不添加」「国税庁長官が定める原料のみを使用」「水以外の添加物を加えていない」といった3つの製造条件をクリアした焼酎のことをいい、基本的にはラベルに表記されている場合がほとんど。

日本酒など地酒の選び方のコツ

近年では飲み方や考え方も多様化していますが、本来地酒である日本酒とは食事と一緒に楽しむ「食中酒」です。その理由は、日本古来の主食である『米』を原料としていることからも明らかです。そのため、日本酒選びのポイントは「酒単体の個性」も大事ですが、「食事とのマリアージュ(相性)」も大事な要素となります。

 

例えば、食中酒として「香りがとても強く、いつまでも余韻が残る酒」と、「香りが控え目で、すっと余韻が消える酒」とであればどちらの酒を選びますか?おそらく、ほとんどの方が後者の日本酒の方を選ぶでしょう。このように、本来日本酒とは言い方を換えれば「料理の邪魔をしないもの」でもあるべきなのです。

 

そういったことを踏まえたうえで、ここからは日本酒など地酒の選び方のコツについてご紹介したいと思います。

 

通常、多くの日本酒では銘柄ごとに「純米大吟醸酒」や「純米酒」「本醸造酒」などの酒の種類が存在します。そうした際に、基準となるのが「純米酒」です。その銘柄の「純米酒」をまず基準に味わってみて、もう少し香りが欲しいなと思ったら「純米大吟醸酒」「純米吟醸酒」あたりを、さらにすっきりとした味わいを求めるのであれば「大吟醸酒」「本醸造酒」などを試すのがおすすめです。そうやって色々試してみることで好みの地酒が見つかるかもしれません。

 

また、日本酒は「冷やしたり」「温めたり」「常温」で飲んだりと、温度によってもその味わいが変化する世界でも珍しいお酒でもあります。「純米大吟醸酒」「純米吟醸酒」「大吟醸酒」などは「冷やして」または「常温」で、「純米酒」「本醸造酒」「普通酒」などは「冷やして」または「常温」「温めて」などいろいろな温度帯に対応するのが特徴です。例外はありますが、基本的に酒に『吟醸』と付くものは「温めると香りが立ち過ぎる」ことから温めて飲むのには不向きとされています。

 

ここからは少し余談になりますが、日本酒には他にも「原酒」や「熟成古酒」といったものもあります。

 

原酒とは、通常日本酒が出来た時にアルコール度数や味わいの調整の為に行う「加水調整」を行っていない酒のことで、アルコール度数が普通の日本酒よりも高い場合が多く、無調整のその酒本来の「強い味わい」が魅力です。また、熟成古酒とは、出来上がった酒を3年以上寝かせた(瓶貯蔵した)酒のことで、熟成によって発生する「熟成香」や「トロみ」などが魅力です。そういった個性から、これらのお酒は食事と一緒に飲む「食中酒」というよりは、どちらかと言えば「お酒がメイン」で肴と一緒に飲むといったタイプのものかもしれません。

焼酎を美味しく飲むコツ

知っているようで意外と知らないと言われるのが「焼酎の飲み方」です。シンプルな様で、実は奥の深い焼酎を美味しく飲むためのテクニックをご紹介したいと思います。

 

ストレート:

焼酎本来の味・香りを愉しむことができるストレートは常温で飲むのがおすすめです。香りを愉しむのであれば、酒器は小さめのストレートグラス、色味をみるのならば白磁の猪口などが良いでしょう。その際、酒器に注ぐ前に焼酎の瓶をかるく振って中身を均一にしてから注ぐことが大事なポイントとなります。

 

ロック:

焼酎に氷を入れて飲むだけのロックにもおいしく飲むためのコツがあります。まず、氷のみをグラスに入れてマドラーなどでしばらくステア(かきまぜる)します。そうしてグラスの表面温度を冷やしていき、最終的に溶けた水は捨てます。その際、水の純度が高く無味無臭で溶けにくいミネラルウオーターや、煮沸して冷ました水を凍らせた氷を使用することが大事なポイントです。最後に、常温の焼酎をゆっくりと氷に当てながら注ぐことで、おいしいロックを入れることができます。

 

水割り:

焼酎の水割りを作るには、まず焼酎を先に器に入れてから水で割っていきます。その理由は、水の方が焼酎よりも比重が高いため下に沈み、焼酎が上にあがり自然に対流するのでステアする必要がないからです。また、水については軟水のミネラルウオーターを使用した方がよりまろやかになります。氷を入れるとだんだんと水割りが薄くなってしまうので、あらかじめ焼酎も水も冷やした状態で作る方が手間も省けます。好みにもよりますが、焼酎と水の割合は焼酎6:水4が良いでしょう。

 

お湯割り:

焼酎のお湯割りを作るには、まずお湯を先に器に入れてから焼酎を入れていきます。「お湯」と「水」の違いはありますが、水割りの場合と順番が逆なのがポイントです。お湯は沸騰したものではなく、70度くらいのお湯を注ぐことで焼酎で割ったときに40度前後となり、香りや旨味が一番引き立つ温度となります。焼酎をお湯にゆっくりと注ぐことで、温度差と比重により自然対流するのでステアする必要もありません。好みにもよりますが、焼酎とお湯の割合は焼酎6:お湯4が良いでしょう。

 

以上が4種類の焼酎を美味しく飲むコツです。ちょっとしたテクニックを使うことで焼酎の美味しさは変化するので、ぜひみなさんも試してみてください。


お酒は20歳になってから、おいしく適量適飲を心がけましょう。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。飲酒運転は絶対にやめましょう。

管理・運営 : このサイトについてお問い合わせジザケコムBlog
Copyright (c) ジザケコム All Rights reserved.