いまさら聞けない「おせち」の基礎知識

日本の正月にはかかせない「おせち」。毎年なんとなく食べていますが、その風習や料理などにはいろいろな意味が込められています。

最近では、百貨店やインターネットなどで「おせち」を購入する家庭も増えています。実際に、あわただしい年末から正月にかけての手間が省けるうえ、プロが作る料理はおいしいので、それを手抜きと感じることもないと思います。詳しくは後述しますが、むしろそれこそが本来は理に適う行為だったのです。

今回は、そんな「おせち」についての基礎知識を紹介したいと思います。



「おせち」は、昔の行事「御節供(おせちく)」や「節会(せちえ)」の略で現代においては、正月に祝いで食べる「おせち料理」のことをいいます。

おせち料理は「めでたさを重ねる」という意味合いで縁起を担ぎ、重箱に詰めてから出されます。基本は4段重ねで、上から順番に「一の重」「二の重」「三の重」「与の重」といいます。「四」は縁起が悪いので「与」に置き換えられています。

重箱の構成は、地域や家庭などにより様々ですが、基本的には次のようになっています。

一の重 : 祝い肴のうち三つ肴と口取り
二の重 : 焼き物
三の重 : 煮物もしくは酢の物
与の重 : 酢の物もしくは煮しめ

また、詰められる料理にもそれぞれちゃんとした意味が込められています。

まずは、祝い肴(三つ肴、口取り)から。

黒豆 : 「まめ(まじめ)」に働き「まめ(健康)」に暮らせるように。
数の子 : たくさんの卵をもつことから、子孫繁栄の願い。
田作り : 稲の豊作、五穀豊穣の願い。関西では「たたきごぼう」の場合も。

次に代表的な料理から。

海老 : 腰が曲がるまで、長生きするように。
栗きんとん : 「栗金団」から、金運を招く。
昆布巻き : 「よろこぶ」の語呂合わせ。
紅白かまぼこ : めでたさの象徴。
蓮根 : 穴があいているので将来を見通せるように。
里芋 : 地中に子芋をたくさんつけるため、子だくさんの象徴。
伊達巻き : 豪華で見栄えが良く、神様への供物としてふさわしいと考えられたため。

以上の他にも、おせちに詰められる料理には火を通したり干したり、味を濃くしたものなど「日持ち」するものが多く使用されています。

その理由は、正月の間くらいは普段忙しい女性の家事の負担を少なくするための知恵だとも言われています。これこそが、冒頭で述べた理に適った行為の意味です。

料理をしない皆さん、こういった意味を踏まえたうえで、ご家庭で次のような提案をしてみてはいかがでしょうか?

「正月くらい料理しなくていいように、おせち料理を用意しておいたよ」

なんて言ったら少しは家庭内での株が上がるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>