焼酎がもたらす健康効果

飲酒量や飲み方にもよりますが、焼酎はワインや日本酒などと比べて、二日酔いになりにくいといわれています。ちなみに、焼酎はアルコール度数が約25度と比較的高い部類に入ります。

その理由には、製造方法や焼酎に含まれる健康効果があるようです。今回は、焼酎がもたらす健康効果にスポットをあててご紹介したいと思います。


しじみにんにく極

まず、焼酎が二日酔いになりにくい理由として次のようなものがあります。

●肝臓への負担が比較的軽い

原料を発酵させて造るビールやワイン、日本酒などの醸造酒には数種類のアルコールが含まれます。それに対し、蒸留して造る焼酎はその99%以上が水とエチルアルコールとなり、アルコールが1種類しか存在しません。そのため、アルコールを分解する役割を果たす肝臓への負担が軽くなります。

●血栓溶解度が高い

焼酎は他の酒類より断トツに血栓溶解度が高い特徴があります。それは、焼酎のいくつかの香り成分が複合して血栓を溶かす働きをするためではないかといわれています。

つまり、血栓溶解度が高いため内臓の細胞も活性化されるので肝臓がアルコールを分解するスピードも速くなります。また、内臓全体の血行も良くなるので、結果的に「心筋梗塞」や「脳梗塞」などにもかかりにくくなるといわれています。

次に、他にも以下のような健康効果も期待できます。

焼酎はビールや日本酒と比べて、尿酸を作り出す物質「プリン体」の含有量が非常に少ないため通風の予防にもなります。さらに、血糖値を低くする効果もあります。

また、血栓溶解度も高いので脳の活性化も行われ、「アルツハイマー症」や「老人性痴呆症」などの予防効果も期待されて
います。

さらに、脳内の情報伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの活動が活発になることにより、「うつ」の症状も和らげられるのではないかとも考えられています。

以上が、焼酎がもたらす健康効果です。

補足をすれば、焼酎の健康効果を享受するためには「飲み方」が大事です。

やはり、焼酎の香り成分が重要なファクターとなるので、飲み方は「ロック」か「お湯割り」が効果的です。焼酎の魅力のひとつでもある「香り」も味わいながらゆっくりと飲みましょう。

最後に当然のことですが、焼酎の健康効果もたくさん飲めば飲むほど良いというわけではありませんので適量をこころがけましょう。

ビジネスマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>