世界に誇れる日本の『産地呼称焼酎』を知ろう!

日本には4つの「産地呼称焼酎」というものがあります。それぞれを、「壱岐焼酎」「球磨焼酎」「琉球泡盛」「薩摩焼酎」といいます。

焼酎のような蒸留酒が海を渡って日本に伝来してきたと言われるルートがいくつかあり、それぞれのルート上に産地呼称焼酎が生産される地域が位置しています。つまり、これら4つの産地は日本の蒸留酒のルーツともいえる地域なのです。

今回は、日本の伝統的蒸留酒である焼酎のルーツとも言える「産地呼称焼酎」についてご紹介したいと思います。

産地呼称焼酎を名乗ることを許されているのは、日本の法律の「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律」によって定められている産地と原材料、製法を満たしている焼酎のみです。

焼酎造りが盛んな地域が、長年の歴史と技術の研鑽を積み重ねた結果、得られた一種のステータスとも言えるでしょう。

各産地呼称焼酎を簡単にまとめると、以下のようになります。

壱岐焼酎
産地-長崎県壱岐市、原材料-麦
製法-大麦2/3、米麹1/3の原材料比率で、壱岐の水を使用し、壱岐で醸造、蒸留した焼酎
主な銘柄:無一物ちんぐ など

球磨焼酎
産地-熊本県球磨郡・人吉市、原材料-米
製法-米のみを原料とし、球磨の地下水で仕込んだもろみを人吉・球磨地区の単式蒸留器で蒸留、瓶詰めした焼酎
主な銘柄:大石豊永蔵 など

琉球泡盛
産地-沖縄県、原材料-主としてタイ米
製法-沖縄の黒麹菌で造った米麹を水に混ぜ、泡盛酵母を加えて発酵させて単式蒸留器で蒸留して沖縄で製造したもの
主な銘柄:多良川於茂登 など

薩摩焼酎
産地-鹿児島県(奄美地方を除く)、原材料-芋
製法-米麹か鹿児島県産のさつま芋麹と、鹿児島県産のさつま芋と水が原料のもろみを、鹿児島県内(奄美市及び大島郡を除く)において単式蒸留器をもって蒸留して、びん詰めした単式蒸留焼酎
主な銘柄:天狗櫻蔵の師魂 など

以上のように、法律で厳格に定められた条件をすべて満たしていなければ産地呼称焼酎を名乗ることはできません。

例えば、鹿児島県で造られた焼酎でも原材料や製法の何かひとつに違いがあれば、ただの「鹿児島県産の焼酎」であり「薩摩焼酎」を名乗ることは出来ません。

それでは、そもそも産地呼称焼酎を名乗るメリットとは何なのでしょうか?

産地呼称焼酎は「地理的表示」の保護を定めたWTO(世界貿易機関)のTRIPS協定(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定)
がその根拠となっているので、WTO加盟国において、その保護が約束されています。

わかりやすく言い換えると、ワインに例えると「ボルドー」や「ブルゴーニュ」といったように特定原産地が明確になることで、世界中にステータスやブランド力をアピールすることも可能なのです。

このような、日本の伝統と歴史の詰まった産地呼称焼酎をみなさんも飲んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>