同じ九州でも焼酎の個性はそれぞれ

全国的に焼酎といえば九州の地酒として有名です。その背景には、焼酎伝来の地であること以外にも風土的に緯度が低く温暖な気候で日本酒造りには向かなかったため、地元の作物を使用した代替品として焼酎造りが定着したなどの事情があります。

しかしながら、同じ九州であってもその地域別に焼酎の傾向の違いがみられます。

今回は、九州各地におけるそれぞれの焼酎の特徴についてご紹介したいと思います。

まずは、かんたんにそれぞれの県別の特徴をまとめてみたいと思います。

大分県:
・麦焼酎の生産の大半以上を占める。麹にも麦を使用している蔵が多い
・日本酒の蔵も九州では比較的多い

福岡県:
・焼酎王国・九州にあって佐賀県と同じく日本酒文化圏
・清酒醸造の二次品として造られた粕取焼酎なども製造

長崎県:
・産地呼称焼酎である麦焼酎「壱岐焼酎」が有名
・朝鮮半島から焼酎伝来説が最も有力

佐賀県:
・焼酎王国・九州にあって福岡県と同じく日本酒文化圏
・焼酎はどちらかといえば麦焼酎が主流

熊本県:
・産地呼称焼酎である米焼酎「球磨焼酎」が有名
・生のまま(割らない)で燗をして飲む独特のスタイルも存在

宮崎県:
・日本で初めてそば焼酎を開発
・麦や米、芋、そば焼酎などさまざまな焼酎を製造

鹿児島県:
・芋の品種による個性豊かな芋焼酎が豊富
・黒麹や白麹、黄麹など、麹菌の種類を使い分ける
・産地呼称焼酎である芋焼酎「薩摩焼酎」が有名
・奄美群島などでは黒糖焼酎を製造

沖縄県:
・タイ米が原料の泡盛が主流
・産地呼称焼酎である泡盛「琉球泡盛」が有名
・アルコール度数が高いものが多い

以上が九州県別のかんたんな特徴です。同じ九州であっても地域によって、好まれたり、製造している焼酎は違います。

ざっくりまとめると、大分・福岡・長崎・佐賀などの北部4県は麦焼酎派。熊本は米焼酎、鹿児島は芋焼酎、沖縄は泡盛。宮崎は麦・米・芋のいずれか。といったところでしょうか?

こういった地域性まで知っておけば、料理に合わせたり他人に焼酎をすすめる際の豆知識として役に立つかもしれません。

おせちは早割がお得です!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>