燗酒をちょっと美味しく作る方法

体の芯まで冷えるこの季節、日本酒を燗酒にして飲む機会も多いのではないでしょうか?

燗酒は体を温めるだけでなく、体温に近い温度で飲むためアルコールを分解しやすく悪い酔いしにくく、体への負担も少ないなどの利点もあります。

また、日本酒は温度帯を変えて飲むことで「香り」や「味わい」も変化するので、一種類の酒でいろいろ楽しむこともできます。

そんな燗酒も、選ぶ日本酒や作り方でさらに美味しくなる場合もあります。今回は、おいしい燗酒の作り方をご紹介したいと思います。

日本酒には「純米酒」「大吟醸酒」「本醸造酒」などいろいろありますが、含まれる「アミノ酸」や「乳酸」などの成分・性質などから『純米酒』が燗酒に適しています。その理由は、温めることで香りが良くなり、アミノ酸(旨味)の味わいがふくらみ、乳酸(酸味)が旨味成分に変化するからです。

純米酒の中でもコクのあるもの、味わいでいえば「濃醇」な酒質で旨味のしっかりとしたもの、造りでいえば「山廃」「生もと」タイプのものが特に適しています。わかりにくい場合は、日本酒の瓶のラベルに「山廃仕込み」「生もと造り」などと書かれた純米酒を選ぶと良いでしょう。

熱燗や燗酒に向いているお酒を探す->>

反対に、「大吟醸酒」や「吟醸酒」など香りの良いお酒は、温めることで香りが強くなりすぎて飲みづらくなるので、燗酒には適していません。他にも生酒や新酒など、「新鮮さ」や「荒々しさ」を味わうためのお酒も、冷やして飲むためのもので燗酒には適していません。

次に、燗酒を温める際のポイントをいくつかあげておきたいと思います。

まず、温める際には電子レンジではなく「湯煎(ゆせん)」(徳利など酒器ごとお湯につける方法)で温める様にしましょう。電子レンジでは酒器の中で温度のムラが出来やすいからです。どうしても電子レンジを使用する場合は、徳利などの容器内にガラス製のマドラーなどを入れてあたためると、自然対流が起こりムラが出来にくくなります。

湯煎をする際のポイントは、だらだら長時間あたためるのではなく短時間に留めることです。ちなみに、80度前後のお湯で1合(180ml)を2~3分程度あたためると40~45度になります。湯煎は短時間でサッとを心がけましょう。

また、湯煎をする際には素材が「錫(すず)」などの酒器で温めると、お酒がよりまろやかな味わいになるのでおすすめです。

以上がおいしい燗酒を作る方法です。ちょっとした手順や酒器を変えるだけで、いつものお酒がおいしく変化するのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>