「味覚の秋」「食欲の秋」には、旬のお酒を楽しもう!

昔から、秋は「味覚の秋」「食欲の秋」などといわれます。その理由はたくさんありますが、「豊穣の秋」ともいわれるように秋に収穫され旬をむかえる食材などが多いことや、暑い夏が終わり涼しくなったことで食欲が増すといったことなどもあると思います。

そういった季節にぴったりな、秋の味覚とも相性抜群の旬のお酒があります。

今回は、秋が旬のお酒を紹介したいと思います。

まずは、日本酒から。

「ひやおろし」です。「ひやおろし」とは、冬に搾られた新酒が劣化しないよう春先に「火入れ(加熱殺菌)」を行い大桶に貯蔵し、ひと夏を越して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の「火入れ」をしない「冷や」のまま、大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれています。

要するに、「ひやおろし」とは春先にできた酒を、一度火入れして夏の間寝かせ、火入れせずに9月頃から出荷されるお酒のことをいいます。例えば「あさ開 ひやおろし」「秋鹿 ひやおろし」といったように、いろいろな銘柄の「ひやおろし」が存在します。他にも、「秋あがり」などと呼ばれることもあります。

ひと夏を越えて、熟成を深めて秋の到来とともに目覚める「ひやおろし」は、豊穣の秋にふさわしく穏やかで落ち着いた香りと滑らかな口あたり、円熟の味わいが特徴です。

ジザケコムで「ひやおろし」を探す->>

次は、ワインです。

「ボジョレー・ヌーボー」です。今では、日本でもすっかり有名となってしまったので説明は不要かもしれませんが、ボジョレー・ヌーボーとはフランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地域で造られる、その年に収穫されたぶどうをその年に仕込んで造ったワインのことをいいます。ちなみに、「ヌーボー」とはフレッシュな「新酒」のことを意味します。

現在では、ボジョレー・ヌーボーは毎年11月の第3木曜日が解禁日となっています。実は、もともと最初は11月11日が解禁日でした。その理由は、地元ボジョレー地区で最も収穫の早いワインが出来あがるのが、だいたいこのあたりの日付だったからです。しかしながら、諸事情により現在のようになりました。

ボジョレー・ヌーボーは独特の製造法で造られているので、タンニンが少ないわりには色が濃く、渋みや苦味が通常のワインよりも少なくなります。また、フレッシュでフルーティーな香りとまろやかな味わいが特徴です。基本、早飲みタイプのワインなので、購入後はなるべく早いうちに少しだけ冷やしてから飲むのが正しい飲み方です。

以上が、秋が旬のお酒です。

お酒の種類こそ違いますが、一方は熟成を楽しみ、もう一方はフレッシュさを楽しむものとなっています。どちらにもそれぞれの良さがあり、この時期ならではの旬のものなので、秋の味覚などと合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>