カテゴリー別アーカイブ: 日本酒

「味覚の秋」「食欲の秋」には、旬のお酒を楽しもう!

昔から、秋は「味覚の秋」「食欲の秋」などといわれます。その理由はたくさんありますが、「豊穣の秋」ともいわれるように秋に収穫され旬をむかえる食材などが多いことや、暑い夏が終わり涼しくなったことで食欲が増すといったことなどもあると思います。

そういった季節にぴったりな、秋の味覚とも相性抜群の旬のお酒があります。

今回は、秋が旬のお酒を紹介したいと思います。

続きを読む

いろいろな素材(食材)と酒の組み合わせ

昔から「酒は百薬の長」といわれます。適度に飲むことで、ストレスの発散や健康維持に役立つうえ、風邪をひいた時や軽く疲労が溜まっているときなど体を温めたり、スタミナ補給の栄養源などとしても効果を発揮します。

そういった効果は「冷酒(冷やした酒)」や「冷や(常温の酒)」よりも、体温に近く体に吸収されやすい「燗酒(温めた酒)」の方がより期待できるといわれています。

今回は、ただ美味しいだけでなく素材の栄養価や味わいなども活かした酒の数々についてご紹介したいと思います。

続きを読む

慶事など祝い事の場を盛り上げる『鏡開き』

祝勝会や結婚披露宴、新築祝いなどめでたい祝い事の場を盛り上げる演出のひとつに「鏡開き」があります。実際に体験したことがなくても、テレビなどでプロ野球や大相撲の祝勝会や開業セレモニーなどで行っている映像を見たことはあるかと思います。

古来より「鏡開き」には、運を開き栄える酒を分かちあうという意味があります。まさに、慶びの場にはうってつけの演出といえます。

今回は、「鏡開き」についてご紹介したいと思います。

続きを読む

まずは、スパークリング清酒で乾杯!

日本酒好きな人であっても、最初の一杯はビールという人は多いと思います。

やはりビールのもつ「喉ごしの良さ」や「炭酸の刺激」「アルコール度数の低さ」などが一杯目の酒に適しているからだと思います。

しかしながら、日本酒の中にも乾杯酒に適したタイプのものがあります。それがスパークリング清酒です。今回は、そんなスパークリング清酒についてご紹介したいと思います。

続きを読む

日本酒の『生(なま)』の意味

この時期、居酒屋の店先などで食べ物だけでなく飲み物についても「生」の文字を目にする機会も多いと思います。やはり季節がら気温が高くなってくるこの時期、生のものが美味しく感じます。

日本酒には「生酒」や「生貯蔵酒」「生詰め酒」など、その名称に「生」を冠したものがあります。単に呼び方の違いではなく、もちろんそれぞれの酒にはちゃんとした定義(製法)があります。

今回は、日本酒の「生」の違いについてご紹介したいと思います。

続きを読む

有名な蔵元から、日本酒の新作が発売!

最近、「菊正宗」で知られる兵庫県の菊正宗酒造、「越乃寒梅」で知られる新潟県の石本酒造から続々と新作が発売されます。

菊正宗酒造については何と130年ぶりの新ブランドの発表、石本酒造については45年ぶりの新作となるそうなので今回テーマに取り上げてみました。さすがにどちらも創業100年以上を数える蔵元だけあって、歴史の偉大さが感じられます。

続きを読む

思わず「ジャケ買い」したくなる日本酒ラベル5撰

日本酒のラベルといえば、力強い書体で多くは漢字で銘柄の文字が書いてあるという印象が一般的なイメージだと思います。

しかしながら近年では、若い造り手が増えてきたことや購買層も比較的若くなったこともあり、デザイン性に優れた日本酒のラベルも増えてきました。

今回は、思わず「ジャケ買い」したくなるような個性的なデザインのラベルの日本酒をご紹介したいと思います。

続きを読む

グラスの形状と日本酒の味わいの変化

最近では、スタイリッシュな日本酒Barや居酒屋などの影響もあり、日本酒をワイングラスやシャンパングラスなどのグラスで飲むスタイルも浸透しつつあります。

そういった飲み方は、ただ単に「お洒落感」を演出するためのものではなく、実は日本酒そのものの「香り」や「味わい」などを引き出すためにも一役を買っています。

今回は、主な形状のグラスとそれに合った日本酒について紹介したいと思います。

続きを読む

最低限知っておきたい日本酒の基礎知識

現在、日本酒には9種類があります。その内訳は、酒税法上で定められた8種類の「特定名称酒」と、それ以外の「普通酒」で分類されます。その違いは「精米歩合」や「使用原料」などにより分類されます。

今回は、最低限知っておきたい日本酒の基礎知識についてご紹介したいと思います。

続きを読む

あえて磨かない米で造った酒の魅力

近年、「磨かない米で造った酒」が注目を集めています。その酒はわかりやすく言えば、「磨いた米で造った酒」の代表格・大吟醸酒の対極に位置するお酒とも言えます。

「磨かない米で造った酒」とは、精米歩合の数値が高い(80%以上)のお酒のことで、「低精白の酒」とも呼ばれます。

今回は、磨かない米で造ったお酒の魅力について紹介したいと思います。

続きを読む